明けましておめでとうございます。そしてご無沙汰です。。。

e0058547_0483725.jpg


年末年始に実家に帰りました。



大晦日に横浜の実家に帰省し、両親や兄夫婦と横浜港に行ってきました。
例年我が家は、実家で年越しそばを食べながら新年を迎えるのですが、今年はちょっと趣向を変えて、横浜港で毎年行われる『除夜の汽笛』を聞きに行ってきました。
e0058547_052361.jpg

今年は横浜港開港150周年の年らしく、みなとみらい地区を中心に”Y150”というイベントが催されていました。
e0058547_054558.jpg

赤レンガ倉庫前ではキャンドルに願いを込めたものを飾ったり、スケートリンクが作られたりと、深夜とは思えない人だかりでにぎわっていました。

除夜の汽笛はちょうど午前0時に港に停泊中の船舶がいっせいに汽笛を鳴らすというもので、実ははじめて聞きに行きました。
生まれてから23年間も住んでいたのに、なぜか行く機会がなく、今年ほんの思いつきで「行ってみようか」と言ったら以外にもみんな乗り気に。

大桟橋でみなとみらい地区を一望にしながらその時を待っていました。
他にも本当にたくさんの観客が集まっていて、コスモクロック(観覧車)の表示が10秒前になると口々にカウントダウンが。
見知らぬたくさんの人と一斉に
「10・9・8・7・6・5・4・3・2・1・・・明けましておめでとう!!」
と大合唱。
汽笛もその瞬間に一斉に鳴りました。
たくさんの船から高い音、低い音、さまざまな音の汽笛が鳴り響きました。
夜景をバックにコスモクロックでは花火か打ち上げられ、イベント会場からは音楽が流れ、年に一度の瞬間をみんなで祝いあい、とても盛り上がりました。

帰り道では外国人の方から「Happy New Year!!」と声を掛けられたり、汽笛を止めるのがちょこっとだけ遅れちゃった船があったり、風が強くて寒かったけど楽しかったなぁ。

(そういえば「今年は『うるう秒』があるから、どうなるんだろうね?ちょっとタイムラグがあったりしてね」なんて会話を兄としていたのですが、今まで忘れていました。当然、タイムラグなんてありませんでしたよ。)

ほんの150年前までは小さな漁村だった横浜。
たった150年でココまですごい姿に変えてきた人間。
なんかいろいろとすごいなぁ、なんて考えてしまいました。

久しぶりに地元らしいイベントを堪能できて、とても楽しい年越しを過ごせました。

皆さんと私、今年一年がすばらしい年になりますように!!
[PR]
by t2g-type00 | 2009-01-08 01:25
<< 閉園間際に・・・ ☆おめでとう☆ >>